靴べらの基礎知識

靴べらは革靴などの履きにくい靴を履く時によく用いられています。靴べらを購入するなら、温かみがあり機能性にも優れている木の靴べらが最適です。こちらでは靴べらの特徴についてご紹介いたします。


靴べらの呼び名

靴を履くときに用いる道具のことを一般的に「靴べら」と呼びますが、靴べらには様々な呼び名があるのをご存知ですか。関西地方では靴べらのことを「靴すべり」と呼びます。これは靴べらを用いるとよく滑って靴が履きやすくなることからきているようです。また欧米などでは「シューホーン」とも呼ばれ語源は、靴べらが元々動物の角(horn)を削って作られていたことが由来となっています。日本では昔から温かみのある木の靴べらが親しまれています。


靴べらの役割

靴べらは靴を履きやすくするという役割以外にも、「靴を傷めないようにする」という大事な役割も担っています。靴べらを用いずに靴を履こうとすると、靴のかかとが内側に巻き込まれ大きなダメージとなるからです。そうなると、かかとにシワが残ったり、形が残ったままになり不格好になってしまいます。靴べらを用いることで、それらの問題を防ぐことができるのです。さらに靴べらを用いると、靴を履く時のしぐさも上品に魅せてくれます。


日本で多用される靴べら

靴べらが靴のパートナとして、また必需品として考えられているのは日本特有です。欧米では室内も関係なく靴で歩き回るので、日本のように靴べらを頻繁に使うことはありません。しかし、日本は靴を脱いで、室内に入る習慣があるので靴の脱ぎはぎは頻繁にあります。その時にスムーズに靴を履けるように靴を守るために、礼儀の一つとして靴べらが多用されるようになったのです。

当店の木の靴べらは、職人による手作りで見た目も質も保障されています。携帯用ロングタイプ、スタンド付きのタイプなど様々なタイプがありますので、お好きなタイプをお選びください。高級感のある見た目を持ちつつも、安い価格でご提供しております。

About the owner

ショップSai 

こんにちは! ご来店ありがとうございます。 ミャンマーの天然素材を使い 木のぬくもりを感じられるような 様々な商品を取り揃えております。 お店のコンセプトは 「ミャンマープロダクト」 「ジャパンデザイン」です。 全ての商品はミャンマーの職人によって一つ一つ手作りされています。 世界に1つだけしかないモノをあなたに届けます♪

Top